メディオスターはどんな毛でも脱毛可能

医療クリニックなどを利用して脱毛処理を行う人はとても多くいます。理由としては自分自身で処理をするには難しい個所や、処理後の仕上がりが綺麗といった点が大きいです。ですが従来の施術方法はレーザーや光脱毛にニードルやフラッシュといった方法となりますが、どんな状態でも施術ができるというわけではありませんでした。レーザーなどの場合は毛根の黒い毛に反応させる施術方法となるため、色が薄い産毛や埋もれている毛には施術が行えないという難点がありました。ですが新たに導入されてきているメディオスターの場合は、毛の状態などは関係なく施術できるという特徴があります。まず毛根の破壊ではなくバルジ領域の破壊となるため仕組み自体が大きく異なります。そのため毛自体の状態や色などにも影響されないので、どんな毛でも脱毛を行うことが可能となります。

メディオスターでの脱毛は痛みを感じる事が少ない

美容クリニックで利用されている医療レーザー脱毛器は、ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーを利用していて、レーザー光線が黒い色に反応するという特性を利用して毛根を熱破をするという事を利用していますが、レーザー照射によって毛根が熱破壊された時に衝撃が発生しますが、この衝撃の発生が痛みの原因となります。メディオスターは毛根を破壊するのではなく、バルジと呼ばれる発毛因子を破壊していくので、毛の再生を防ぎながら脱毛を行っていき、毛根よりも浅い層にあるバルジにはダイオードレーザーを細かく照射して部位に蓄熱を行ってバルジを破壊します。メディオスターは通常のレーザーと比べて衝撃が少なくヤケドなどのリスクも少なく、通常のレーザー治療よりも痛みを感じる事が少ないので、鼻の下などの脱毛すると痛い場所でも麻酔など必要がないです。

メディオスターで脱毛

メディオスターの魅力は、脱毛のときの痛みが少ないというところです。夏になると露出が多くなり、体毛がきになる季節となります。しかし、脱毛はいたそうというイメージがあり、なかなか勇気がでないという人もいます。そんな痛いという概念を破ってくれたのがメディオスターです。痛みが少なくて、とても効果があるので、敏感な顔などの脱毛にもすごく最適です。うぶげやひげは特に痛みを感じます。顔をメディオスターでやれば痛みがなくても体毛をなくすことができてしまいます。スピードもすごく早いので、この機器を使えば通常よりも通う回数が少なくてすみます。サロンに通うのってちょっと面倒だったりしませんか。そんなときにこのメディオスターでやればすぐに終わります。この機器を利用しているサロンで実際に体験してみたらすぐにこのことが理解できるでしょう。